ドッグフードの話

ドックフードによるアレルギー

人間だけでなく、ワンちゃん達にも食物によるアレルギーがあります。市販されている大半ドックフードには、食品添加物が含まれているため、愛犬の健やかな生活のために飼い主さんが気をつけなければなりません。酸化防止剤や防腐剤、保存料・着色料など健康に害を及ぼし、発がん性物質や内臓機能障害を引き起こすものが多量に含まれています。

本来は野生と同じような状態であれば、体内調整で体調・体型管理が出来ているのですが、犬本来が必要とする栄養素以外の人工的な素材や成分与えすぎた場合には、そのバランスが崩れてしまうのです。

そしてアレルギーだけでなく、ドックフードを安価で大量に作る為に粗悪品やワンちゃんの身体には合わない成分が含まれているものが大量に出回っています。
ワンちゃんにとって害がないドックフードの基準というのは、ズバリ人間が食べても問題ないものであるということです。人間が食べて有害なものは、体が小さいワンちゃん達の内臓への負担度合いはかなりの悪影響を与えるものとなってしまうからです。
購入時には、原材料の成分表の中に普段見たことも無いような材料が含まれていないかを確認しましょう。見たことのない素材や成分は、すなわち人間は食べていないものだからです。

↑ PAGE TOP