ドッグフードの話

ドッグフードは年齢に応じて変える?

ドッグフードには、子犬から老犬まで全ての年齢の犬に与えることができる「オールライフステージ」のものと、年齢によって切り替える「ライフステージフード」があります。
オールライフステージのフードはいわば総合栄養食なので、ずっと同じものを食べ続けたとしても、大きく健康を害することはありません。

しかし、犬の年齢によって、本当に必要とする栄養素やカロリーは少しずつ異なるため、年齢に応じてドッグフードを変える方がやはり適切です。

生後1年までの子犬には、タンパク質やカルシウムが多くて高カロリーのフードを与え、1歳を過ぎたら成犬用のフードに切り替えます。ただ与えるのではなく、犬種や体重によってフードの量を変える必要があります。

一般的に、犬は7歳から高齢期に入るといわれています。なので、高齢期に入ったら低タンパク・低脂肪・低カロリーのフードに切り替えます。

ただし、個体差もあるので、7歳になったからといってすぐに高齢犬用のフードに切り替えなくても大丈夫です。高齢になって消化力が落ち、便がゆるくなった場合は、より消化のよいフードを与えるようにします。
犬の健康状態に注意し、味の好みにも配慮しながら、それぞれの年齢に見合ったフードを選ぶことが大切です。

↑ PAGE TOP