ドッグフードの話

ドッグフードを変更する時の注意点

ドッグフードは大型犬や小型犬などの犬種や、パピー用、成犬用などとワンちゃんのプロフィールに合わせたものを与えるのが一般的です。

その上でダイエット用、毛並みが良くなる効果のあるもの、病後に良いものなど、犬の状態に合わせて種類を絞り込みます。

たいていは同じ種類のものを与え続けるものですから定番の物が見つかればそれで良いのですが、まれに与えているドッグフードの種類を変える必要が出てくる場合があります。ダイエットが必要になった場合や、病気にかかって滋養に良いフードを与えたくなった時などです。

そんな時は、できる限りゆっくりとした移行を行なうことです。急に素材も味もガラリと変わったものを与えると、下痢をしたり食欲がなくなったりと、何らかのトラブルが起きる可能性が高くなります。

許される状況であれば、2回の食事のうち1回を新しいフードにしていくなどの馴らし運転をしていく方が良いでしょう、しかし、療養目的などで、今までのフードをぴたっと止めなければならない場合もあります。
そんな時は同じメーカーのものや同じ素材の物を選ぶなど、できるだけ今まで食べていたドッグフードとの共通項を大切にします。少しずつ馴らしてあげることが、犬の安心感につながります。

↑ PAGE TOP