ドッグフードの話

ドッグフードに関する法律

皆さんはドックフードに関して人間の食べ物とは別に法律があることをご存じだったでしょうか?そこで、今回はその法律について制定の歴史と共に簡単に説明します。

まず、この法令の正式名称ですが、「愛がん動物用飼料の安全の確保に関する法律」と言います。この法令で言う「愛がん動物」とは犬、猫等の国がペットとして認めている動物全てを指し、それら全てのペットフードが対象になる法律です。

では、具体的にどのような法律なのかというとこの法律は全4章23条と補則で構成されており、前述にある通りのペットフードを作る販売、製造、輸入を規制する法律です。
犬を飼っている皆さまにどこが関係するのかというと販売している製品のパッケージ表示が関係しています。そもそもこの法律が制定された理由として2007年頃にアメリカでペットフードによる犬を含むペットの死亡が相次ぎ、それに危機感を覚えた日本政府が同じ年の6月に制定しました。その時に安全について誰でも確認しやすいように製品のパッケージ表示に商品名、原材料名、賞味期限、製造、輸入又は販売をしている業者の住所と名前、原産国名の5つの表示を義務付けました。
つまり、この表示のどれか一つでも欠けている物はかなり危ないペットフードということになります。なので、購入の際は表示を必ず確認してから購入してください。

↑ PAGE TOP