ドッグフードの話

ドックフードの危険な食材

ひと言でドックフードと言っても、犬種・年齢・アレルギーなどの状況により、自分の愛犬に合ったものを見つけるのはかなり困難です。かゆみ・赤み・湿疹などの症状が出たらアレルギー反応であるの可能性があるので、自己判断ではなく獣医さんに一度診察を受けて、症状・病状の確認を行うことが大切です。

食べ物が原因のアレルギーとは限りませんが、もしそうである場合には、食べ続けている限りはその症状が緩和されることはありません。ワンちゃん達のアレルギー食材として多くあげられるのは肉類であれば牛や豚、穀類であれば麦系の食材です。
肉類は原材料に明記されているので避けるのは簡単です。肉類へのアレルギーのワンちゃんには、鶏肉や羊肉が主成分となっているものがアレルギー対応をしているドックフードなのです。

また、穀類については近年ではグレインフリーという穀物不使用というジャンルにドックフードが発売されており、パッケージにも分かりやすく表示されています。その他にも家禽ミートなど耳慣れない原材料を使っていることがありますが、これらが厳しく原材料表記されない理由があります。
実は、ドックフードは『食品』ではなく、『雑貨』として扱われているからなのです。自分自身が口にしたことがない原材料が入っているドックフードを選ばないことが、愛犬のアレルギー対策にもなるのです。

↑ PAGE TOP