ドッグフードの話

新しいドッグフードに替える時

新しいドッグフードへの切り替えは、必要に応じてすることがあります。子犬から成犬、成犬から老犬のように成長の過程で、アレルギー発症、肥満によりダイエットが必要になった時、病気になった時、など様々なタイミングであり得ます。

毎日食べていた慣れたドッグフードを替えるということは、犬にとってはとても負担がかかることです。その負担は精神的なものだけでなく、ドッグフードが替われば、栄養素の配合なども違ってくるため、胃腸にもストレスとなります。
動物の腸の中には、複数の種類の腸内細菌が存在していて、フードに含まれる脂肪、たんぱく質、食物繊維の分量が異なるため、細菌が新しいドッグフードに順応するまで時間がかかります。下痢を起こす場合もあるので便の状態に留意します。

だからこそ、犬のストレスをなるべく少なく抑えるためには、ドッグフードを徐々に切り替えていくことが大切です。具体的には、新しいドッグフードと前のドッグフードの割合を替えて与えていきます。
初めは、新1対旧9のように1日ずつ新しいフードの割合を増やしてみます。便が緩い場合には、同じ割合を続け、様子を見て次に進めます。

切り替えの期間は、個体差がありますが、おおよそ1週間から10日をみるといいでしょう。犬の健康状態を第1に考えて切り替えることが重要です。

↑ PAGE TOP